カーペットあれこれ(その1)


ーペットの種類

ここでは製法の違いと表面の形状の違いから種類をわけてみましょう。

製法

・緞通・ウィルトンカーペット・アキスミンスターに代表される織りカーペット
・タフテッドカーペット・フックカーペットに代表される刺繍カーペット
・ニードルパンチに代表される圧縮カーペット

などが主な種類としてあげられます。

織りカーペットは地糸にパイル糸を交錯させるように織り上げていきます。
緞通は手織り、ウィルトンカーペット・アキスミンスターは機械織りですが、どちらも
パイル密度が高く耐久性に優れているのが特徴です。

アキスミンスター(表側) アキスミンスター(裏側) ウィルトンカーペット(裏側)

刺繍カーペットは既製の基布にパイル糸を刺繍のように植え込んだものです。
現在インテリア小売店等に並んでいる丸巻カーペットのほとんどがこの製法であるタフ
テッドカーペットです。裏側に麻地やフェルト地を張り合わせてあります。
大量生産ができるので、手ごろな値段で手に入ります。

タフテッドカーペット(裏側)
  フェルト張り
タフテッドカーペット(裏側)
  麻地張り

圧縮カーペットは上二つとは違って、綿状の繊維を無数のニードル(針)で突き刺し
圧縮してカーペット状にしたものです。ニードルパンチカーペットと呼ばれる所以です。
通常は表面がフラットで弾力性はあまりありません。

ニードルパンチカーペット
 表面拡大

表面形状

カットパイル
ループパイル
カット&ループパイル
フラット

に分類できます。

カットパイルは表面パイルの先を切りそろえたもので比較的ソフトな踏み心地が得られ
ます。

カットパイル表面
カットパイル断面図

ループパイルは表面パイルをループ(輪)状にしたもので、一般的にやや弾力性があり
耐久性に優れています。レベルループパイル(ループの高さが同じもの)とマルチレベル
ループパイル(ループの高さに差をつけたもの)があります。

ループパイル断面図
レベルループ表面 マルチレベルループ表面

カット&ループパイルはカットパイルとループパイルを組み合わせたもので、表面の形
状の違いが色・柄のコントラストを浮かび上がらせます。

カット&ループ表面
カット&ループ断面図

フラットはパイルの高さを持たないフェルト調あるいは平織り調に仕上げたものです。
ニードルパンチやキリム等の平織りに代表されます。

平織り表面

以上簡単に種類わけしてみました。

    もどる  カーペットの素材へ